おもしろコラム4月号2020
113/148

OKGMONOS2016-04じて、販売・使用が許可されているようだ。ところで、自然界のカスミ網に相当するのが、蜘蛛の巣である。蜘蛛巣の作り方や形状の見事さも驚くが、その細い糸でありながら、強靭なのにも驚く。最近、動植物の生態や構造などを調べ、これ等をヒントに、何か製品が出来ないかとの研究が盛んになっているという。カイコの絹糸をヒントにナイロンを作ったように、蜘蛛の糸をヒントに、強靭な糸を作ることが出来ればと考える人は昔から多くいたはずだ。ところが、本当に、蜘蛛糸の研究から、スバラシイ繊維を創りだした会社が日本にあり、最近、多方面から注目されている。山形県鶴岡市にあるスパイバーという企業が開発した「上でしかも軽量②伸縮性はナイロン以上③微生物を介して生産するため低エネルギ、環境負荷が少なくてなど、夢の様な繊維だ。現在、衣料メーカーや自動車部品メーカーなどと共同プロジェクトを組んでこの繊維の実用化、商品化を進めている。ナイロンを創ったデュポンが今や世界的な企業に成長しているが、人工クモ糸を創った同社が、久しぶりに世界規模の大企業に変身することが期待されている。(ジャーナリスト」という繊維で、①強度が鋼鉄の4倍以井上勝彦絵:そねたあゆみ)おもしろコラム(4月編)/113

元のページ  ../index.html#113

このブックを見る