おもしろコラム4月号2020
118/148

/AutomobileileshredderresidueShredderResidueTHRecyclingpromotionTeamARSASRAutomob2017-04ないとの理由で却下された。ゴミ処理に関しては、リサイクルに叶うとして家庭ゴミは細分類しているが、家屋の解体をみると、クソミソ一緒にトラックに載せて焼却処理しているようだ。自動車リサイクル法の施行に際しても、公害の元凶となるおそれがあるトヨタ、ホンダ(製鋼原料としてメーカーの製鋼工程において、解体自動車の鉄の部分は鉄鋼製品となり、シートや内装(廃プラスチック)等の非金属部分は燃料代替として活用され、ガラス等は製鋼スラグと一緒に回収されるため、させることなく効率的にほぼ100%リサイクルできるというもの。これに対して日産など残りの12社のグループは自動車破砕残さリサイクル促進チーム「ARTレッダーダストを電力・燃料等のエネルギーとスラグ等のマテリアルの活用(リサイクル)を適正、円滑かつ効率的に実施するシステムを構築して処理している。全国的に空き家が増えているという。空き家でも家が建っている方が税金が安いというのも問題だ。一戸建てはもとより、大規模マンションや、リゾートマンションの大規模修繕工事も大きな問題となっている。持ち家が資産にならず負動産になりかねない時代が来ているようだ。)の処理方に関して、2つのグループに分けて実施されている。グループ)は使用済み自動車を精緻解体(銅含有部品を徹底除去)・プレス加工し、台を全部溶解することから全部再資源化(通称・全部利用)している。具体的には鉄鋼、呼称:エイ・アール・ティー)」を発足させ、シュ(ジャーナリスト(自動車シュレッダーダス井上勝彦絵:そねたあゆみ)を発生1(ト/118

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る