おもしろコラム4月号2020
130/148

2017-04め、東部エスタブリッシュメントを中心とするアメリカ政界にはまったく基盤を持たず、そのため、自らの支持基盤を国民に求めます。が、その大統領選では圧倒的な国民からの支持を得ていながらも、国民の意向が直接反映されない複雑な選挙制度のために苦杯をなめ、次の大統領選で、ようやく、第7代アメリカ合衆国大統領となります。もはや誰も、国民の声を無視出来ない時代が来ていたということで、私が現代のアメリカに感じた部分もこれでした。ジャクソンは大統領在任中、「官吏の総入れ替え」、「任意での拒否権発動」、「任期2期8年」など現代に続く多くの制度を残す一方、主権は人民にあると信じ、アメリカをアメリカ国民が望む形に作り替えようとします。ただ、国民と言っても、彼自身は人種差別主義者であり、彼にとっての国民とは白人だけで、自らの大農園で黒人奴隷を使役し、インディアンを遠隔地に強制隔離。これに違憲判決を出した連邦最高裁判所長官を批判して隔離政策を強行・・・と、これもどこかで聞いた話のような。また、いつの時代もそうですが、国民が望むようにと言っても、国民が望んでいるものは多くが自らの生活レベルの向上であり、「自国民が望む形」が果たして世界全体のためには良いかはまた別問題です。従って、当時から彼に対する反対勢力は多く、彼は「史上唯一、議会から不信任決議をされた大統領」であり、また、「史上初めて暗殺の標的になったアメリカ大統領(未遂)」でもありますが、それでも、国民からの支持は一貫して高く、その肖像は今も20ドル紙幣に採用されています。(小説家池田平太郎絵:そねたあゆみ)/130

元のページ  ../index.html#130

このブックを見る