おもしろコラム4月号2020
141/148

日本に残る最古の書物として広く知られているものに、『古事記』と『日本書紀』とを挙げることができます。『古事記』は西暦712年以降、『日本書紀』は720年に完成されたとされています。いずれも、当時の天皇、天武の命令で作られました。しかし近年の研究によって、いずれの書物についても真偽が疑われる記述が指摘されるようになってきています。『古事記』最終章に登場するのは推古天皇ですが、この女帝の摂政として活躍されたとされる厩戸(うまやどの)王子、別名「聖徳太子」についての言い伝えがその最たる例と言えるでしょう。また、大化の改新、あるいは乙巳(いっし)の変と呼ばれる、645年に起きた一連のクーデターにおける、のちの天智天皇(天武天皇の兄)の振舞いを正当化するために、蘇我氏が敵役として描かれているというのも、この数年で徐々に知られるようになってきたことです。つまりこれら2つの書物は、天武天皇やその妻である持統天皇(母親は蘇我氏)が、自分の血筋が天皇家にどれほどふさわしいかを、国内外に示すために編纂されたものであるとの見方が強くなってきています。『古事記』は3巻から成っています。上・中・下、です。中つ『古事記』の神々(その1)おもしろコラム(4月編)141

元のページ  ../index.html#141

このブックを見る