おもしろコラム4月号2020
23/148

「台風が偏西風に流されて西から東へ進んでくる」、「黄砂が偏西風に乗って日本へやってくる」など、日ごろの天気予報の中で、「偏西風」ということばはよく耳にされると思います。この偏西風は、中緯度帯に位置する日本の気候を語る上で、欠かすことのできない重要な要素の一つです。雨が降ったり台風ができたりする程度の、およそ高度約10kmまでの高さのことを「対流圏」と呼びます。その対流圏の上の方で、中緯度地帯では、一年を通して特に強く吹いている西風があり、それを「偏西風」と呼びます。(ちなみに極地方では「極偏東風」、赤道付近では「北東貿易風」という東よりの風が吹いています)偏西風は南北方向に波打って流れていて、南に張り出したところが「気圧の谷」となり、地上では低気圧が発生します。逆に北に張り出したところは「気圧の尾根」といって、高気圧が発生します。そんな偏西風の中でも特に狭い幅で強く吹くもののことを「ジェット気流」と呼びます。日本付近を流れるジェット気流には2種類あります。一つは「亜熱帯ジェット気流」といって、北緯30度付近など2種類のジェット気流(偏西風)おもしろコラム(4月編)23

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る