おもしろコラム4月号2020
28/148

hPa2007-04ろを「山」、低いところ低気圧・高気圧もそれと「○○以上が高気圧」という決まりがあるわけではありません。「太陽(または月)が暈(かさ)をかぶると雨」というのを聞いたことはありませんか?「暈」とは、太陽の周りが虹のようにぼんやりと見えるのもで、氷の結晶(氷晶)でできた雲が広がっているときに、氷晶との反射によって起きる現象です。これは、低気圧を後ろに従えている雲なので、その半日ぐらいあとに雨の降る確率は60~80%と言われています。結構良いオッズでしょ?「温故知新」と言います。古いお天気のことわざも、を「谷」と言います。(山よりも標高の高い谷がある場合もありますよね?)同じで、周りより気圧の高いところが高気圧、低いところを低気圧なわけで、馬鹿にはできません。(気象予報士チャーリー絵:吉田たつちか)28/

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る