おもしろコラム4月号2020
31/148

春といえば、山菜のシーズンですが、山菜のなかでもスーパーなど入手しやすいのがタケノコですね。タケノコは、低カロリーで食物繊維の豊富な食品ですが、ビタミン・ミネラル類なども適度に含まれています。タケノコの栄養成分の特徴としては、アミノ酸のチロシンが大量に含まれているということがあげられます。タケノコの表面に白い粉末が付着していることがよくありますが、これは、水に溶けにくいチロシンが析出したものだといわれています。チロシンは、体内でタンパク質の材料となるだけではなく、アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質、甲状腺ホルモンの材料としても利用されます。アドレナリンやドーパミンは、ともに脳内に働きかけてやる気を起こさせる作用があります。また、甲状腺ホルモンも代謝を活性化するホルモンですから、気分の塞ぎ込みがちなときにはオススメの食材です。なお、甲状腺ホルモンの合成には、チロシンの他にヨウ素も必要ですので、ワカメなどのヨウ素の多い食品と組み合わせて摂取するとさらによいでしょう。タケノコはシュウ酸やホモゲンチジン酸というタケノコパワーでやる気まんまん!?おもしろコラム(4月編)31

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る