おもしろコラム4月号2020
48/148

%%%8%2011年3月11日に発生した東日本大震災での福島第一原子力発電所の事故にともなう、電気料金、ガス料金の値上げが続いています。さらに、2012年8月10日に消費税増税法案が国会で成立し、2014年4月1日に5から8、2015年10月1日に行われます。このような中、日本にむかしからある保温調理法が少エネの観点から見直されています。保温調理法とは、従来の温度より低い温度で加熱し、素材にストレスかけずに火を入れる調理法です。80度くらいが、もっとも味が染み込む適温とされています。食文化研究家の魚柄仁之助氏によると、日本古来からある調理法のひとつで、半煮調理した鍋を毛布で包んで保温しておけば、味がしみこんで調理が完成するといいます。毛布などで包むのが面倒な向きには保温調理カバーなるものもありますが、コタツの時期にはコタツの中に30分ほど入れておけばOKです。保温調理用鍋もいくつか販売されていますが、私から10と、2回にわたって消費税増税が少エネ調理鍋48

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る