おもしろコラム4月号2020
59/148

日本人にとって朝昼晩の三食のうち、もっとも重きを置くのはどれでしょう?おそらくほとんどの人は「晩ごはん」なのではないでしょうか?これが西洋人だとお昼ご飯となります。忙しい現代社会では、朝ご飯は食べないという人もいることでしょう。そしてお昼ご飯は麺類ですましたり、近所の食堂で軽くという人も多いと思います。どちらにせよ日本人で晩ごはんよりお昼ご飯に重点を置く人はほとんどいません。お昼ご飯は存在が軽いのです。おそらく狩猟採集時代から携帯食というものはあったと思われます。干した肉や木の実などを携帯し狩猟に何日も出かけたことでしょう。日本の携帯食といえばおにぎりが代表格ですが弥生時代のおにぎりの化石があるそうです。古代のおにぎりはもち米で作っていたようですが、時代が鎌倉や戦国時代になってくると、私たちが普段食べている「うるち米」で握るようになります。「え?う人もいるかも知れませんが、そうなのです。コシヒカリなどはうるちうるち米って私たちが普段食べているお米?」と思●存在の軽いお昼ご飯●携帯食としてのお弁当お弁当という食文化おもしろコラム(4月編)59

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る