おもしろコラム4月号2020
64/148

(-_-;)今年もまたインフルエンザの季節になりました。私も先日、急患センターの当直をしたのですが、A型インフルエンザの方が多く、待合室の空気も独特の温病の臭いがして、「う、うっ・・・うつらないように頑張らねば・・・先日の安保先生のお話では、インフルエンザが流行しているとき同じようにインフルエンザのウイルスを吸い込んでいるわけですが、発病する方としない方のちがいは、マクロファージの段階でウイルスが処理されるかどうかの違いということでした。つまり、マクロファージが元気で、ウイルスを食べ尽くせば、発病しないし、マクロファージが満腹で働けず、顆粒球やリンパ球の免疫細胞に動員をかけると、発熱し、戦いが始まります。(発病)こうなると、戦いが終わるにも、一定の時間を必要とします。マクロファージさまに、貪欲にウイルスを食べ尽くしていただくには、普段よりマクロファージ」と思いました。インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い64

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る