おもしろコラム4月号2020
70/148

大豆は健脳食と言われ、頭の働き、記憶力を向上させたりボケ防止にも役立つ食品です。大豆レシチン中の、GPC・・・グリセロホスホコリンには、成長ホルモンの分泌を促進することが知られています。成長ホルモンは、人間の多くのホルモンをコントロールするマスターホルモンで、老化は成長ホルモンの枯渇から始まると言われます。成長ホルモンは、思春期をピークにその後は急速に減少し、30~50代で50%、60代で30%に低下することが知られておりなるべくこの分泌を高めるような養生が、老化を促進するか否かの境目でもあります。成長ホルモンの分泌が良くなると1,筋肉量が増え、足腰が丈夫になる2,基礎代謝が増加し、脂肪が分解され、贅肉がとれる3,傷の修復が促進4,脳の働きが高まり、記憶力、集中力が増老化と成長ホルモンの働き70す

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る