おもしろコラム4月号2020
75/148

2018-04心の健康を保つ・・・というものがそれに値します。先日、エボラ出血熱の報道番組を見ましたが、エボラに打ち勝てるかどうかは1週間、体力がもつかどうかで決まるそうです。下痢や嘔吐による脱水を防ぎ、炎症を抑えて多臓器不全を防ぎ、点滴でウイルスを薄めてゆく等の措置で持ちこたえれば、あとは1週間の内に免疫がウイルスに対するミサイルを製造して、自然に治癒する人が何人も現れたそうです。体は本当に治す力を持っているのですね。この場合、点滴は扶正力にも去邪力にも働いたのだと思います。不幸にして天寿が来る前に旅立たれた方には、やはりそれなりの理由があったのだと思われます。ですので、自分の潜在意識にマイナスの情報をとりこまないでください。心配したり、不安になるのを止めて、自分の扶正去邪のバランス戦略を信じましょう。(薬剤師、薬食同源アドバイザー高田理恵絵:そねたあゆみ)おもしろコラム(4月編)/75

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る