おもしろコラム4月号2020
77/148

2017-042、肝血が不足すると、上半身に熱の症状が出やすい★肝は様々な変化に対応するよう各所に血液を分配しますが、血液が足りないと熱を持ちやすく、眩暈、のぼせ、耳鳴り、目赤、かすみ目、鼻の乾燥、頭痛などの症状を起こしやすい養生法は=◎肝血、肝陰を補う食材をしっかりとる・・・レバー、赤身の肉、イカ、タコ、ほたて、牡蠣、あさり、しじみ、黒豆、黒胡麻、小豆、ひじき、プルーン、落花生、緑黄色野菜3、のどかな春は、ややもすると気持ちが落ち込みやすい★冬場の日照不足は、セロトニンの生成を低下させています養生法は=◎大豆製品を毎日とろう◎朝起きたら、お日さまの光を浴びよう◎リズム運動を取入れよう。(薬剤師、薬食同源アドバイザー高田理恵絵:そねたあゆみ)おもしろコラム(4月編)/77

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る