おもしろコラム4月号2020
80/148

大人のアトピーのご相談に多いのが陰部のアトピーです。お子さんのアトピーでは、卵、乳製品、動物性のタンパク質、脂肪そして白砂糖食品を摂りすぎず、穀物菜食を取り入れてゆくことが養生の基本となりますが、大人になってから発症するアトピーは、肺、脾、腎の弱りと肝の使いすぎ(異常亢進)が根本にあります。長年アトピーの発症と緩解を繰り返している方は、基本的な食養生はすでに身につけておられ、季節の変化に伴うストレス、環境の変化に伴うストレスが差し水となって一時的に症状が出るが養生のコツを知っておられ、何とか体調をコントロールする術を身につけておられる方が殆どです。ところが、大人になってから初めてアトピーを発症した方は、今までうんと加工食品、インスタント食品、外食を重ねてこられた方が多いようです。そして年齢とともに五臓が弱まり、今までのように解毒できなくなった結果、症状が現れます。加工食品やインスタント食品、外食は、添加物が多いだけでなく、脂肪もカロリーも高いものが大人のアトピー80

元のページ  ../index.html#80

このブックを見る