おもしろコラム4月号2020
89/148

2010-04と予想されている島なのだ。この地球儀を見て、ふと考えた。もしかしたら、数十年後には地図上に表記されない国になってしまうのではないかと。子供用学習地球儀に、その名前を載せるのには大いに意義がある。この島がなくならないように、今から子供達に地球温暖化の恐ろしさと悲しさを伝え、次世代を担う彼らにこの問題を真剣に取り組んでもらうよう指導する必要があるのだ。残念ながら、今の大人には各国のさまざまな思惑が衝突し、これといった地球温暖化対策は打ち出されていない。現在の子供が国家レベルではなく、地球レベルで考える大人に成長して欲しいと大いに期待する。(小説家華山姜純絵:吉田たつちか)おもしろコラム(4月編)89/

元のページ  ../index.html#89

このブックを見る